朝比奈隆が最後に遺したブラームス

 

今年は久しぶりに朝比奈隆のCDをあれこれ聴きなおした。その中で「いいなこれ」と思ったものが、ひとつは大阪フィルとスタジオ録音したブルックナーの交響曲第3番。もうひとつは最後のブラームス・ツィクルスとなった新日本フィルとのブラームス交響曲全集である。このブラームスの、とくに第1番がめちゃくちゃにいいので、それを書き記しておきたいと思う。

 

交響曲全集 朝比奈&新日本フィル(3CD) : ブラームス(1833-1897) | HMV&BOOKS online - FOCD-9206


f:id:nijinosakimade:20191231041237j:image

 

2000年9月~2001年3月、いずれもサントリーホールでのライヴ録音。

 

以前も「朝比奈隆はベートーヴェンよりもブルックナーよりも、ブラームスがいい」ということを書いたのだが、これは本当によくって、なにしろ聴いてるこっちが「これが本当に朝比奈の指揮? しかも最晩年の!?」とびびってしまうほどに良いのである。

 

この第1番の録音には、あそこがいい、ここの部分がいい、というのがない。最初から最後までずっといい。テンポ、楽器間のバランス、フレージング、あらゆるすべてが過不足なく「こう鳴ってほしいな」とこちらが思うそのままに鳴ってくれる。

 

ひとつ挙げてみるなら終楽章の最後、コラール主題がファンファーレで帰ってくるあの感動的な部分。あそこは力みすぎるとわざとらしくなっていけないし、かといって素っ気なくもできない、難しい箇所である。朝比奈はここを実にしなやかに聴かせる。まさに名人上手の至芸、ブラームスを自家薬籠中のものにした堂々たる大家の棒だ。

 

そんなわけで、ぼくは冗談抜きにブラームスの交響曲第1番はこのCDさえあればいいとすら思ってしまった。このとき朝比奈92歳、指揮もかなり不明瞭になっていた時期で、オーケストラの自発性が老匠をフォローしていたところも大きかっただろうと思う。それにしても演奏から聴こえてくる若々しい情熱はどうだろう。92歳のジジイにこんな音楽を奏でられては、あの独特のしわがれ声で「君なんかまだ若いんだから、四十やそこらでしょんぼりしてる場合じゃないだろう」と背中を叩かれているような気がしてくるじゃないか。

 

ぼくは朝比奈の存命中、ベートーヴェンとブルックナーは生で聴いたけれどブラームスには行かなかった。当時はまだガキンチョでブラームスの良さがよく分からんかったのだ。だが今は分かる。オッサンになるとブラームスが書いた音符のひとつひとつが、「これは俺か」と言いたくなるほど心をふるわせる。胸にしみてくる。朝比奈の言葉を借りれば「年をとった男には、そういう情緒が非常に大切で、心の中の宝のようになってくる」である。

 

正直なところ、ぼくは朝比奈のブルックナーのライヴ録音はあまり高く買っていない。でもこのブラームスはジジイになるまでずっと聴き続けると思う。朝比奈と同じ92歳となったとき、この録音をかけながら「とうとう同い年になっちまいましたな先生、ところでやっぱりブラームスはいいですね」と言いたいので、なんとかそれまで長生きしなければと考える2019の年の瀬であった。